読書室掲示板

【お願い】みなさんの読書の楽しみをまもるために本の内容の重要な部分に触れること(いわゆる「ネタバレ」)はご遠慮ください。詳しくはこちらをご覧ください。
※投稿の際、メールアドレスは記載されないことをお薦めします(不愉快な宣伝メールなどの受信を防ぐため)。また、アドレスを非公開にされても、掲示板の巡回ソフトによっては表示されてしまうことがあります。投稿画面のEメールの欄はブランクにしておかれることをお勧めします。

★現在スパム対策のため、一部ホストからの書き込みを制限させていただいております。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

★掲示板管理の都合上、一時的にプロキシ経由の書きこみを制限しております。
また、宣伝等、無関係の書き込みを避けるため、リンクタグ が含まれる投稿を制限しております。 http:// が書かれた投稿はできません。
サイトのご紹介のおりには、頭のhを抜いてご記入ください。

168 / 1495 ←次へ | 前へ→

【4757】【読み物】『ぼくとベルさん』
 みちこ(WYN-1057)  - 17/6/2(金) 12:48 -

引用なし
パスワード
   『ぼくとベルさん』2017.02
フィリップ・ロイ作/櫛田理絵訳/PHP研究所
ISBN: 9784569786230
"Me & Mr. Bell" by Philip Roy

 舞台は20世紀初頭のカナダ、ノバスコシア州。10歳のエディは、家族にも内緒にしていたけれど、読み書きがほとんどできない。あることがきっかけで、それがみんなに知れわたったときから、エディの苦悩は深まる。算数は誰よりも得意だし、ほかのことだって普通にできるのに、家でも学校でも、この子には何も期待しないほうがいいと思われるようになったのだ。そんなエディだが、近くで暮らし始めたベルさんとの出会いをきっかけに、目の前がひらけていく。
 電話の発明で有名なアレクサンダー・グラハム・ベルと少年エディの友情を描いた物語。カナダで暮らし、飛行機の開発に取り組み、ヘレン・ケラーと交流するなど、ベルに関するさまざまな事実がフィクションの中に見事に織り込まれており、ぐいぐいと引き込まれるように読み進んだ。エディやその家族の描き方にも説得力があり、秀逸な作品だと思う。フィリップ・ロイの作品は本書が初邦訳のようだが、ほかの作品もぜひ読んでみたい。

雪原に立つベルさんとエディを描いた装画もステキです!

みちこ(WYN-1057)

66 hits
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.12; rv:53.0) Gecko/20100101 Firefox/...@FL1-125-193-217-102.tky.mesh.ad.jp>

【4757】【読み物】『ぼくとベルさん』 みちこ(WYN-1057) 17/6/2(金) 12:48
【4758】Re:【読み物】『ぼくとベルさん』副題あります みちこ(WYN-1057) 17/6/2(金) 13:04
【4759】Re:【読み物】『ぼくとベルさん』副題あります モーモー(WYN-1062) 17/6/2(金) 15:57
【4760】Re:【読み物】『ぼくとベルさん』副題あります みちこ(WYN-1057) 17/6/2(金) 21:48
【4761】Re:【読み物】『ぼくとベルさん』副題あります BUN 17/6/3(土) 9:34
【4762】Re:【読み物】『ぼくとベルさん』 みちこ(WYN-1057) 17/6/3(土) 10:52
【4766】Re:【読み物】『ぼくとベルさん』 BUN 17/6/4(日) 9:39
【4769】Re:【読み物】『ぼくとベルさん』 みちこ(WYN-1057) 17/6/4(日) 16:44
【4901】Re:【読み物】『ぼくとベルさん』 キジトラ 17/10/29(日) 16:04
【4905】Re:【読み物】『ぼくとベルさん』 みちこ(WYN-1057) 17/11/1(水) 22:02

168 / 1495 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
163617
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.
ぞんち用設定
サーバ www.yamaneko.or.tv
CGIディレクトリ /open/c-board/
ZS ID  dokusho