やまねこ翻訳クラブ:おはなし小部屋掲示板  

こちらの掲示板は、2011年8月31日をもって廃止されました。新規発言の投稿はできません。

31 / 278 ←次へ | 前へ→


【248】『すもうにかったびんぼうがみ』山形、新庄の方言
 ワラビ  - 10/2/7(日) 16:17 -

引用なし
パスワード
   みなさま、こんにちは。

こちらの部屋はお久しぶりになります。

2学期から、学校の読み聞かせの会に参加しています。
今までは、1、2年生だけだったのですが、3年生の保護者が増えてきた(といっても私を含めて2名)ので、3月に1回、3年生の教室にも入り、私も読ませてもらえることになりました。

どうしようかな、何の本にしようかな。最初だから、おもしろ〜い本で…・・・とも思ったのですが、教えていただいた『すもうにかったびんぼうがみ』がストーリー的にも波乱万丈?で面白かったので、この絵本にしようと思い、練習しています。

『すもうにかったびんぼうがみ』
松谷みよ子さん再話、斎藤真成さん画、福音館書店、初版は1973年です。

むかし むかし あったけど。
   ではじまり、
どんべすかんこ ねっけど。
   で終わるのですが、これは山形県新庄の語りの定番のようですね。

この、あったけど、のイントネーションは、本来どんな風になるのでしょうか。
「あったけど」の部分がなかなかそれらしく言えません。
むが〜す、むが〜す、と書いてあるページもあって、最初をこれくらい思い切りなまらせると、最後もそれらしくなるかなとも思いますが〜。中身は普通に読むので、最初だけなまらせるのも変かなあ。

いろいろ調べていたら、新庄は遠野とならぶ民話の宝庫なんですね。
どこかに、出だしだけでも語りを聴けるようなページはないでしょうか。
ご存知の方がいらしたら、教えてください。


ワラビ(最初は、『もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう』にしようかと思ってたの〜)

466 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.3; .NET C...@210-248-131-011.jp.fiberbit.net>

【248】『すもうにかったびんぼうがみ』山形、新庄の方言 ワラビ 10/2/7(日) 16:17
【249】Re:『すもうにかったびんぼうがみ』山形、新庄の方言 ワラビ 10/2/9(火) 22:39
【250】Re:『すもうにかったびんぼうがみ』山形、新庄の方言 ちゃぴ(WYN-1026) 10/2/10(水) 6:06
【251】『すもうにかったびんぼうがみ』読んできました ワラビ 10/3/17(水) 10:47

31 / 278 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
33866
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.