やまねこ翻訳クラブ:おはなし小部屋掲示板  

こちらの掲示板は、2011年8月31日をもって廃止されました。新規発言の投稿はできません。

37 / 278 ←次へ | 前へ→


【242】【新刊絵本】水曜日の本屋さん
 ちゃぴ(WYN-1026)  - 09/10/29(木) 17:40 -

引用なし
パスワード
   みなさま
(同じ発言を読書室にも出しています)

こちらも10月の新刊です。

「リタとナントカ」シリーズで絵を描いているオリヴィエ・タレックさんが絵を描いているフランスの作品です。

『水曜日の本屋さん』
"Mercredi a la librairie" 
 シルヴィ・ネーマン(Sylvie Neeman)文
 オリヴィエ・タレック(Olivier Tallec)絵
 平岡 敦訳

 ISBN 978-4-89572-697-9
 本体価格 定価1500円+税


「わたし」が水曜日に本屋さんに行くと、決まってあのおじいさんがきている。おじいさんは、ひじかけいすに座って、分厚い、戦争の本を読み、ときどき、ハンカチで涙をふいている。どうして、その本を読むのかな?
 感受性豊かなやさしい少女と、さびしげなおじいさんの、静かな心の交流を描いた心温まる作品。

 少女とおじいさんはたくさんの言葉を交わすわけではありません。少女はおじいさんの様子からなにかを感じ、おじいさんの気持ちをくみとって、おじいさんに心を合わせようとします。
 長い年月を生きてきたおじいさんは、たくさんの悲しみや苦しみを重ねてきたのでしょうか。暗く沈んだブルー系と、日だまりように暖かな黄色系の色彩が、おじいさんの内面と、それに共鳴する少女の気持ちをあらわしているようです。

 舞台となっているのは、街の本屋さんです。本屋さんで、こんな風にゆっくりすわって本を読めるなんて素敵です。

☆メープルストリート紹介ページ
ttp://www.litrans.net/maplestreet/p/mitumura/index.htm

☆光村教育図書HP
ttp://www.mitsumura-kyouiku.co.jp/

*上のURLへ飛ぶときは、 コピーして頭に h を加えてください。

ちゃぴ(WYN-1026)



272 hits
<ZonchBrowserPro@catv-218-228-92-95.ctk.ne.jp>

【242】【新刊絵本】水曜日の本屋さん ちゃぴ(WYN-1026) 09/10/29(木) 17:40

37 / 278 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
33902
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.