やまねこ翻訳クラブ・お菓子掲示板

こちらの掲示板は、2011年9月1日より喫茶室掲示板に統合されましたので、8月末日をもって
新規発言の投稿を停止いたしました。
本に出てくるお菓子の話題は、「喫茶室掲示板」にお気軽にご投稿下さい。

※やまねこ翻訳クラブ 喫茶室掲示板 はこちら
※「月刊児童文学翻訳」に連載中の「お菓子の旅」バックナンバーはこちら
※お菓子の旅画像集はこちら

1 / 9 ページ 前へ→

【162】【重要】掲示板統合のお知らせ
 cake  - 11/8/9(火) 21:39 -

引用なし
   みなさま、

 長い間ご利用いただきました「お菓子掲示板」は、このたび「喫茶室掲示板」に統合されることになりました。
 こちらの掲示板は、8月末日をもってリードオンリーとなります。
 お菓子に関する話題は、今後は「喫茶室掲示板」にお気軽にご投稿ください。

▽喫茶室掲示板
ttp://www.yamaneko.or.tv/open/c-board/c-board.cgi?id=kissa
(頭にhを加えてください。 )

 これまで当掲示板にさまざまな話題をご提供くださったみなさま、また、いろいろな形でご利用くださったみなさまに、心から感謝いたします。
 ありがとうございました。


お菓子掲示板管理人
  はるはな、ケンタ、ぎねびあ
・ツリー全体表示

【161】日本の心、日本の芸術
 cake WEB  - 11/5/26(木) 17:17 -

引用なし
   あまーいスイーツもいいけど日本独特の味わい深い甘さの和菓子は如何ですか?
職人が心をこめて作る和菓子は一種の芸術と言っても過言ではありません。
しかしながらういろうは単純な見た目ではあります。ですが、見た目とは違ってその味わいはまさに絶品。
最近日本人は和菓子離れしつつありますが、ここで一つ日本の心を感じてみませんか?
クーポンもありますし、全国に配送してくれるので近場でなくてもその味は堪能できます。
http://at-sha.jp/?com=coupon_detailP&couponId=0100128

こらんこ
・ツリー全体表示

【160】ポッフェルチェ
 cake  - 11/1/19(水) 19:39 -

引用なし
   みなさま

 こんにちは。

 寒い日が続いていますね。今年は晴天が多いわりに冷え込みが厳しく、うちの近所の田んぼや池には例年よりも厚めの氷が張っています。うちの子の学校では、この凍った田んぼで体育の時間にスケートをしているんですよ。めずらしいでしょう? 楽しく貴重な体験をしている子どもたちがうらやましいです。

 さて、メールマガジン「月刊児童文学翻訳」2010年12月号では、オランダを舞台に、田んぼならぬ運河スケートを楽しむ子どもたちを描いた物語に登場するお菓子「ポッフェルチェ」をご紹介しています。丸くて、ちっちゃくてかわいらしいお菓子です。そば粉を混ぜるレシピをご紹介していますが、そば粉がなければすべて薄力粉にしても大丈夫。とっても簡単に作れるので、ぜひお試しを!

月刊児童文学翻訳2010年12月号
「お菓子の旅」第54回
http://www.yamaneko.org/mgzn/dtp/2010/12.htm#okashi

ポッフェルチェの写真
http://www.yamaneko.org/kissa/cake_pc/okashi_3.htm

muzu
・ツリー全体表示

【159】ロショゴッラ
 cake  - 10/5/20(木) 10:26 -

引用なし
   みなさま

 こんにちは。

 わたしの住んでいる辺りでは、ここ2日ほど、じめっとしたお天気が続いています。もうじき、梅雨の季節にはいるのでしょうか。

 さて、こんなじめっとした日、気分を爽快にしてくれるお菓子をご紹介いたしましょう。その名も「ロショゴッラ」。バングラデシュからインド東部の地域(ベンガル地方)に伝わるお菓子で、パニールというチーズをお団子にして、カルダモンの香りさわやかなシロップで煮たものです。つめた〜く冷やしていただくと、甘さとさわやかさが頭のてっぺんまでつーんと広がって、ほんとにいい気分ですよ。

 今月のメールマガジン「月刊児童文学翻訳」2010年5月号では、バングラデシュを舞台に、貧しくても強く明るく生きる少女の物語とともに、このお菓子のレシピや由来などをご紹介しています。ぜひ、ご覧くださいね。

月刊児童文学翻訳5月号
「お菓子の旅」
http://www.yamaneko.org/mgzn/dtp/2010/05.htm#okashi
ロショゴッラの写真
http://www.yamaneko.org/kissa/cake_pc/okashi_2.htm#sixth

muzu
・ツリー全体表示

【158】ツェッポレ・ディ・サン・ジュゼッペ
 cake  - 10/5/18(火) 11:19 -

引用なし
   みなさま

 こんにちは。

 母の日も終わり、いよいよ来月はお父さんお待ちかねの「父の日」がありますね。日本の父の日は6月ですが、イタリアではなんと3月に祝います。みなさんご存知でしたか? しかも、この日にまつわる特別なお菓子まであるのだそうです。

 メールマガジン「月刊児童文学翻訳」2010年3月号では、イタリア各地に伝わる、父の日を祝うさまざまなお菓子のなかから、ナポリ伝統の「ツェッポレ・ディ・サン・ジュゼッペ」をご紹介しています。どんなお菓子? と思われた方は、ぜひお菓子の画像集もご覧くださいね。

月刊児童文学翻訳3月号
「お菓子の旅」第51回
http://www.yamaneko.org/mgzn/dtp/2010/03.htm#okashi
ツェッポレ・ディ・サン・ジュゼッペの写真
http://www.yamaneko.org/kissa/cake_pc/okashi_2.htm#sixth

muzu
・ツリー全体表示

【157】Re:ガレット・デ・ロワ
 cake  - 10/1/30(土) 22:05 -

引用なし
   からくっこさん、

 わあ、たのしいひとときを過ごされたのですね! 

 わたしも先日見かけたのですが、ホールは大きすぎるしカット(でも売られてたのです……フェーブは? と気になりましたが)だと気分が出ないし、と、眺めただけで終わってしまいました。
 たしかに1月になるとガレット・デ・ロワを置いているケーキ店がふえてきたので、そのうち流行るかもしれませんね。三が日、ガレット、七草に鏡開きのおぜんざい、小正月と、1月はますます忙しくなりそう!

ぎねびあ
・ツリー全体表示

【156】Re:ガレット・デ・ロワ
 cake  - 10/1/27(水) 19:45 -

引用なし
   みなさま、

「ガレット・デ・ロワ」、先日はじめて実際にいただく機会がありました。ちょっとした集まりに持ってきてくれた人がいたのです。その人は、フランス出身の方にこのお菓子を教えてもらったそうで、ケーキ店で買ってきてくれました。このごろは、日本のケーキ店でもガレット・デ・ロワを置いているところが増えているようですね。もちろん、紙の王冠つきでした。
 メールマガジンで紹介されていたレシピでは、「フェーブ」を入れてから焼き上げていましたが、このお店ではフェーブは別売で、好きなのを選べたそうです。食べる前に、裏側からこっそりフェーブを埋め込んで、ぐるぐる回してどこに入ったかわからなくなってから、切り分けました。だれが王様になるかしらと、大人ばっかりの集まりでしたがやっぱりドキドキして盛り上がりましたよ(^^)
 お味のほうも、甘すぎず、素朴な感じでおいしかったです♪ このお菓子は、これから日本に浸透していきそうだな、と思いました。


からくっこ(WYN-1050)
・ツリー全体表示

【155】ガレット・デ・ロワ
 cake  - 10/1/5(火) 10:31 -

引用なし
   みなさま、

 あけましておめでとうございます。
 今年もおいしいお菓子の話題で盛り上がりましょう!

 さて、日本ではお正月が一大行事ですが、キリスト教圏ではもうじき「公現祭」がやってきます。クリスマスツリーもこの日まで飾るところが多いのだとか。
 そして、その時期に欠かせないお菓子が「ガレット・デ・ロワ」。

 メールマガジン「月刊児童文学翻訳」2009年12月号では、公現祭とガレット・デ・ロワをご紹介しています。執筆者の手によるとっても素敵なお菓子の画像も公開していますので、みなさまぜひご覧下さい。

月刊児童文学翻訳12月号
「世界のお祭り」「お菓子の旅」特別編
http://www.yamaneko.org/mgzn/dtp/2009/12.htm#matsuri

ガレット・デ・ロワの写真
http://www.yamaneko.org/kissa/cake_pc/okashi_2.htm#sixth


ぎねびあ
・ツリー全体表示

【154】Re:「お菓子の旅」画像集公開のお知らせ
 cake  - 09/12/7(月) 15:05 -

引用なし
   カコさん、

 みてくださってありがとうございます。

 はい、写真はすべて、歴代の担当者が試作したものです。記事に載せているレシピどおりに作ったものを写真に撮っています。おいしそうと思っていただけてうれしいです!

 食べてみたいお菓子があったら、ぜひ作ってみて下さいね。そしてまた、作ってみてのご感想などお聞かせ下さい。

ぎねびあ
・ツリー全体表示

【153】Re:「お菓子の旅」画像集公開のお知らせ
 cake  - 09/12/7(月) 11:40 -

引用なし
   こんにちは。

画像があることで、今まで見たことも食べたこともなかったお菓子も、味や食感をイメージすることができました。このお写真は、担当の方が作られた物のなんですか?とても美味しそうですよ〜。(#^.^#)

カコ
・ツリー全体表示

【152】Re:「お菓子の旅」画像集公開のお知らせ
 cake  - 09/12/6(日) 19:48 -

引用なし
   みなさま、

 メールマガジン「月刊児童文学翻訳」の人気コーナー「お菓子の旅」の画像集、お楽しみいただけているでしょうか。
 パブロバやブランマンジェなど、新しい画像もどんどん追加されています。画像からはそれぞれのお菓子の記事にリンクしており、記事中で作り方も紹介されていますので、そちらもぜひご覧下さいね。

お菓子の旅画像集(追加分掲載ページ)
http://www.yamaneko.org/kissa/cake_pc/okashi_2.htm

ぎねびあ
・ツリー全体表示

【151】Re:フラップジャック
 cake  - 09/12/6(日) 19:42 -

引用なし
   みなさま、

 こちらで紹介されていた「フラップジャック」が、メールマガジン「月刊児童文学翻訳」10月号の記事になりました。お菓子の旅画像集では、写真もごらんになれます。
 とっても簡単でとってもおいしいので、ぜひお試し下さい!

月刊児童文学翻訳10月号 お菓子の旅(画像集にリンクしています)
http://www.yamaneko.org/mgzn/dtp/2009/10.htm#okashi

お菓子の旅 画像集(トップページ)
http://www.yamaneko.org/kissa/cake_pc/okashi_1.htm


ぎねびあ
・ツリー全体表示

【150】Re:フラップジャック
 cake  - 09/2/27(金) 11:19 -

引用なし
   レイラさん、

 おおお、レイラさんでしたか〜。
 「パンケーキ」がアメリカでは「フラップジャック」とも呼ばれるってこと自体知らなかったです。
 たしかにロングマンの英英だと"pancake"しか訳語がな〜い。

ぎねびあ
・ツリー全体表示

【149】Re:フラップジャック
 cake  - 09/2/27(金) 8:52 -

引用なし
   ぎねびあさん、

ごめんなさい。発言したのはわたしです。
ご指摘ありがとう。

レイラ
・ツリー全体表示

【148】Re:フラップジャック
 cake  - 09/2/25(水) 10:07 -

引用なし
   cakeさん、

>
>アメリカではフラップジャックというとパンケーキのこと。ふつうのパンケーキと同じなのかなあ、なにかちがうのかなあ?

 アメリカからのコメントでしょうか、ありがとうございます!
 わーほんとだ、画像検索すると、アメリカではパンケーキが出てくるものが多いですね。新知識です〜。

 ところで、申し訳ないのですが、この掲示板では管理の都合上「投稿者名」がcakeになってしまうので、ニックネーム、ハンドルネームなどを教えていただけるとうれしいです。
 いろんなお菓子の楽しいお話もお待ちしています!

ぎねびあ
・ツリー全体表示

【147】Re:フラップジャック
 cake  - 09/2/24(火) 2:15 -

引用なし
   蒼子さん、ぎねびあさん、

こんにちは。簡単に作れておいしそうですね。ほんとうにグラノラバーみたい。

アメリカではフラップジャックというとパンケーキのこと。ふつうのパンケーキと同じなのかなあ、なにかちがうのかなあ?
・ツリー全体表示

【146】Re:フラップジャック
 cake  - 09/2/17(火) 17:36 -

引用なし
   蒼子さん、

 またまたおいしそうなお菓子のご紹介ありがとうございます。
 グラノラバーの原型みたいな感じかしら? レーズン入りがおいしそうです〜。

『プーカと最後の大王』、読みたいと思いつつまだなのです。ますます読みたくなりました。


ぎねびあ
・ツリー全体表示

【145】フラップジャック
 cake  - 09/2/17(火) 10:00 -

引用なし
   みなさま、こんにちは。

『プーカと最後の大王(ハイ・キング)』――時間のない国で 2―― ケイト・トンプソン作 渡辺庸子訳 東京創元社(2008.12)

 にフラップジャック(FLAPJACK)がでてきました。巻末の訳注によると「日本のおこしに似た、伝統的な家庭菓子。」だそうです。

http://cookpad.com/recipe/464336
↑こちらにレシピがありました。作品では、お母さんが焼きあがったフラップジャックをとりだすと、子供がすぐにでも食べたいとねだる場面にでてきます。(この二歳児の破壊力がすごいんです)シリーズ2作目ですが、前作読んでいなくても楽しめます。あとアップルクランブルもでてきました。

ケイト・トンプソン作品リスト
http://www.yamaneko.org/bookdb/author/t/kthompso.htm

「お菓子の旅」アップルクランブルの作り方
http://www.yamaneko.org/mgzn/dtp/2004/02a.htm#okashi

 ** 蒼子 WYN-0031 **
・ツリー全体表示

【144】「お菓子の旅」画像集公開のお知らせ
 cake  - 09/2/16(月) 21:52 -

引用なし
   みなさま、

 やまねこ翻訳クラブのメールマガジン『月刊児童文学翻訳』で好評連載中の「お菓子の旅」のコーナーでご紹介したお菓子の画像を一挙公開するページができました。
 どうぞお楽しみ下さい。

http://www.yamaneko.org/kissa/cake_pc/okashi_1.htm


ぎねびあ
・ツリー全体表示

【143】Re:チョコレート・メレンゲ・ケーキ
 cake WEB  - 08/11/10(月) 11:52 -

引用なし
   今度作ってみようっと。 メイル
・ツリー全体表示

1 / 9 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
29584
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.