やまねこ翻訳クラブ:おはなし小部屋掲示板  

こちらの掲示板は、2011年8月31日をもって廃止されました。新規発言の投稿はできません。

1 / 14 ページ 前へ→


【278】【重要】おはなし小部屋掲示板廃止のお知ら...
 くらら  - 11/8/9(火) 0:18 -

引用なし
パスワード
   おはなし小部屋掲示板をご覧になっているみなさまへ

みなさまにご活用いただいていた当掲示板は、この数年にわたり閲覧数や書きこみ件数が非常に少ないことに鑑み、★8月末★をもって廃止することにいたしました。

今後は下記掲示板をご活用くださいますようお願いいたします。

●喫茶室掲示板
ttp://www.yamaneko.or.tv/open/c-board/c-board.cgi?id=kissa
読み聞かせの話題やイベントの案内など。

●読書室掲示板
ttp://yamaneko.or.tv/open/c-board/c-board.cgi?cmd=tre;id=dokusho
新刊絵本の紹介など。

●(会員限定)広場掲示板
ttp://www.yamaneko.or.tv/member/c-board/c-board.cgi?id=hiroba
会員の方が会員向けに読み聞かせの話やイベントの紹介などをする場合。

(リンク先に飛ぶときには、 ttp:// で始まる URL をコピペし、 h を頭に加えてください。 )

これまでこの掲示板にかかわってくださった多くのみなさまに感謝いたします。
ありがとうございました。

おはなし小部屋管理人:ワラビ、くらら
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:5.0) Gecko/20100101 Firefox/5.0@KD121108030043.ppp-bb.dion.ne.jp>

【277】【新刊絵本】しんと しずかな、ほん
 ちゃぴ(WYN-1026)  - 11/2/2(水) 14:59 -

引用なし
パスワード
   みなさま、こんにちは

 感性豊かな絵本。落ち着いた気持ちになり読み聞かせにぴったりです。

(同じ発言を読書室にも出しています)

『しんと しずかな、ほん』
"THE QUIET BOOK"
 デボラ・アンダーウッド(Deborah Underwood)文
 レナータ・リウスカ(Renata Liwska)絵
 江國香織訳
 光村教育図書

 ISBN 978-4-89572-821-8
 本体価格 1200円+税

 しずかさには、いろいろある。朝、家中でいちばんはじめに起きたときのしずかさ、かくれんぼでかくれているときのしずかさ、願いごとをするときのしずかさ、それから……。うさぎ、くま、ヘラジカといったかわいい動物たちが、朝おきてから眠るまでの、一日の暮らしのなかでのしずかさを紹介してくれます。

 ページをめくるごとに現れる静かさに、そうそうとうなづいたり、くすっと笑ったり、胸がきゅんとしたり……。しずかさのなかに、それぞれドラマがあり、そのときの気持ちがぎゅっと詰まっているのですね。しずかさをひとつひとつ感じるうち、自分の心をみつめることにもなり、なんだか心が落ち着いてきます。

 やわらかくてあたたかいタッチ、淡い色彩の絵がとても素敵です。また好きな画家さんが増えました。


☆メープルストリート紹介ページ
ttp://www.litrans.net/maplestreet/p/mitumura/index.htm

☆光村教育図書HP
ttp://www.mitsumura-kyouiku.co.jp/

*上のURLへ飛ぶときは、 コピーして頭に h を加えてください。

ちゃぴ(WYN-1026)

・ツリー全体表示
<ZonchBrowserPro@catv-218-228-85-152.ctk.ne.jp>

【276】Re:Re^2:クリスマス絵本、結局〜(報告)
 カコ(WYN-2171)  - 11/1/5(水) 12:16 -

引用なし
パスワード
   みなさま〜

今頃出て来てすみません〜〜。
よい読み聞かせができたようで、何よりです。
私も今回、例年よりもクリスマスを意識した選書をしました。ここの掲示板の影響です。
その中で「ぐりとぐらのおきゃくさま」を、2〜3歳児、年少児、特別支援3,4年生と、3ヶ所で読みましたが、どこでもとても興味を持ってくれました。小さい子向けに、とてもいいですね。

「クリスマス・クリスマス」の、悪い子を連れて行く話は、今聞くからこその恐さもありますよね。

またよろしくお願いします。

カコ
・ツリー全体表示
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@KD125055009092.ppp-bb.dion.ne.jp>

【275】【新刊絵本】ブルルルル はるは まだ?
 ちゃぴ(WYN-1026)  - 10/12/21(火) 15:09 -

引用なし
パスワード
   みなさま

年末もおしせまってきました。
来年はウサギ年ですね。
そこで、かわいいうさぎさんが登場する絵本です。
新年の読み聞かせにいかがでしょう。

(同じ発言を読書室にも出しています)

『ブルルルル はるは まだ?』
"BRRRR A Book of Winter"

 イルソン・ナ(Il Sung Na)作
 小島希里訳
 光村教育図書

 ISBN 978-4-89572-820-1
 本体価格 1400円+税

 雪がふりだしました。冬のあいだ、動物たちは、なにしているのかな? 冬の毛になったうさぎが、動物たちを見てまわります。くまはぐっすり、ひつじはふわふわコート……。そして春がめぐってくると……。

 イルソン・ナさんの作品は、『ぐーぐーぐー みんなおやすみ』『ふしぎなナンターラ』もそうでしたが、美しい色彩、まるい線、文様で、ほわほわした不思議な世界を作り出しています。そして、デフォルメされて出てくる動物がみんな、表情豊かで、かわいいっ!!
 この作品でも、うさぎをはじめ、とり(カモかな?)、くま、羊、りす、カメ、ワニ……みんなとてもかわいくて楽しいです。とくに、わたしが好きなのは、くまさん。まったり、まどろんでいる姿は見ているだけでほわーんと癒されます。

 表表紙から裏表紙への変化も注目です。

 ゆったり楽しみたい絵本です。

☆メープルストリート紹介ページ
ttp://www.litrans.net/maplestreet/p/mitumura/index.htm

☆光村教育図書HP
ttp://www.mitsumura-kyouiku.co.jp/

*上のURLへ飛ぶときは、 コピーして頭に h を加えてください。

ちゃぴ(WYN-1026)

・ツリー全体表示
<ZonchBrowserPro@catv-218-228-85-152.ctk.ne.jp>

【274】Re^2:クリスマス絵本、結局〜(報告)
 ちゃぴ(WYN-1026)  - 10/12/10(金) 15:27 -

引用なし
パスワード
   ワラビさん、SUGO さん、えみりいさん、カコさん

SUGO さんが、読み語りと書かれているのを見て、思い出しました。

「12のつきのおくりもの」も、この時期にいいですね。
私が知っているのは語りのテキストで、絵本は読んだことがないのですが、チェックしてみたいと思います。

小学校朝の読み聞かせで、ボランティアの仲間が3年生に『水曜日の本屋さん』(シルヴィ・ネーマン文、オリヴィエ・タレック絵 平岡敦訳 光村教育図書)を読みましたよ。

ちゃぴ(WYN-1026)

・ツリー全体表示
<ZonchBrowserPro@catv-218-228-85-152.ctk.ne.jp>

【273】Re:クリスマス絵本、結局〜(報告)
 SUGO  - 10/12/9(木) 9:44 -

引用なし
パスワード
   みなさま、おはようございます〜

 ちょうど今朝4年生の読み聞かせに行ってきましたが、
12月とはいえまだクリスマス気分ではなかったので、まったく関係のない
セレクトになってしまいました(^^;)

『りょうりをしてはいけないなべ』(シゲタサヤカ作/講談社/2010.8)
『子どもに語る イギリスの昔話』(松岡享子編・訳/こぐま社/2010.10)から、「三人ばか」を読み語り
『ワニあなぼこほる』(石井聖岳作/イースト・プレス/2010.10)

 子どもたちはいい感じに反応してくれました〜

SUGO
・ツリー全体表示
<ZonchBrowserPro@ntymgt040093.ymgt.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp>

【272】クリスマス絵本、結局〜(報告)
 ワラビ  - 10/12/9(木) 9:36 -

引用なし
パスワード
   ▼えみりい(WYN-1041)さん、カコさん、SUGOさん、ちゃぴさん、みなさん

●クリスマスについての絵本

> わたしも世界のクリスマスの本を探していて、『クリスマス・クリスマス』と『メリークリスマス 世界の子どものクリスマス』、気になっているところです!

 この2冊、いろいろ勉強になりました。もう一度じっくりと読み返したいです。

 それで、途中で思い出したのですが、バーバラ・クーニーも、クリスマスを舞台にした絵本をたくさん描いていますね。
ttp://www.yamaneko.org/bookdb/author/c/bcoone_j.htm

 2007年に安藤紀子さんの訳で出版された『クリスマス』(長崎出版)も、クリスマスについて丁寧に説明されていて、クーニーの素敵な絵が添えられています。

(うちは、クリスマスが近づくと、クーニーの『おもいでのクリスマスツリー』や『クリスマス人形のねがい』などの本を、部屋に飾りますが、今年はまだツリーも出してません。)


●教室での読み聞かせ

 かこさんが #264 で紹介してくださった本の中で『ちいさなろば』(ルース・エインズワース作 福音館)がとてもよかったです。わくわくかんもあり、満足感もあり、4年生のうちの男の子も、最後とても幸せそうな顔になりました。

 でも、結局、2年生の教室では、『みなみのしまのサンタクロース』(斉藤洋作/高畠純絵/佼成出版社)という、正反対の絵本を読みました(ど〜いうこっちゃ!)。1冊目に、『アヒルだってば! ウサギでしょ!』(エイミー・クローズ・ローゼンタール/トム・リヒテンヘルド作、いまえよしとも訳、サンマーク出版)をふたりで読んだので、その続きで楽しい絵本を!という選択になってしまいました。
 読んでみての感想は、1冊楽しいなら、もう一冊はもう少し毛色を変えても問題なかったかな。経験不足で、実際に教室に行ってみないことには、なかなか想像がつかないです〜。


 みなさんは、もう12月の読み聞かせは終えられましたか?
 また、読まれた本など、教えてください。

ワラビ(wyn-1001)
・ツリー全体表示
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET C...@210-248-131-016.jp.fiberbit.net>

【271】Re:『クリスマス・クリスマス』
 えみりい(WYN-1041)  - 10/12/8(水) 23:10 -

引用なし
パスワード
   ワラビさん、みなさま

> 「お供にムチうちおじさんを連れてくることもあって、そのおじさんはこらしめの袋をか
> ついでいて、悪い子はその袋に入れて連れて行くんだって」

 うひゃー、怖いですね(^^;)。

 わたしも世界のクリスマスの本を探していて、『クリスマス・クリスマス』と『メリークリスマス 世界の子どものクリスマス』、気になっているところです!
・ツリー全体表示
<ZonchBrowserPro@nttkyo150170.tkyo.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp>

【270】『クリスマス・クリスマス』
 ワラビ  - 10/12/5(日) 14:28 -

引用なし
パスワード
   ▼カコさん、ちゃぴさん、SUGOさん、えみりいさん、みなさん、こんにちは。

11月の4年生の教室での読み聞かせでは、『王さまライオンのケーキ』を読んだあと、少しクリスマス絵本の紹介をしました。

 カコさんに教えていただいた、『クリスマス・クリスマス』(角野栄子作・福音館書店)から、セントニコラスの話の部分を少し読みました。
「お供にムチうちおじさんを連れてくることもあって、そのおじさんはこらしめの袋をかついでいて、悪い子はその袋に入れて連れて行くんだって」という内容の部分を読んだのですが、すると「お、オレ、連れて行かれるかも〜」という子もいたりしました。他にも、いろんな国のクリスマスの祝い方がわかって、おもしろかったです。

 似たような絵本で、『メリークリスマス 世界の子どものクリスマス』(R・B・ウィルソン文 市川里美絵 さくまゆみこ訳 冨山房)という本も見つけました。市川さんの絵がふんだんに使われていて、とても素敵です〜。


 2年生のクリスマス絵本を読むのは、この木曜日。まだどれにするか迷っています。

ワラビ(wyn-1001)
・ツリー全体表示
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET C...@210-248-131-016.jp.fiberbit.net>

【269】Re:第18回紙芝居講座のお知らせ
 あぴる(WYN-2034)  - 10/11/14(日) 19:49 -

引用なし
パスワード
   おかげさまで会も成功のうちに終わりました。
申込総数は153名、交流会も76名参加で、
過去最大の規模となりました。

BUNさんとくららさんには、
海外会員への通訳をしていただき、
ほんとうに助かりました。
ありがとうございました。

今後、ますます優れた紙芝居が世界に広がって
いきますように!
・ツリー全体表示
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6.5; SLCC1;...@125x100x103x211.ap125.ftth.ucom.ne.jp>

【268】Re:Re^3:教室での読み聞かせに向くクリスマ...
 ワラビ  - 10/11/14(日) 15:47 -

引用なし
パスワード
   カコさん、ちゃぴさん、SUGOさん、えみりいさん、みなさん、こんにちは。

カコさん、コメントありがとうございます。
亀レスごめんなさい!


>「ちいさなろば」ルース・エインズワース作 福音館
>「まりーちゃんのくりすます」フランソワーズ作 岩波書店
>「ぐりとぐらのおきゃくさま」福音館
>「子うさぎましろのお話」佐々木たづ文 ポプラ社

『ぐりとぐらのおきゃくさま』は、今年1年生全員を集めての読み聞かせ会をするそうです。
他の3冊も、検討してみます。

去年、1、2年生で使ったのは、五味太郎さんの『クリスマスにはおくりもの』で、CDやすずなどの効果音で雰囲気を盛りあげていました(わたしは応援部隊でした)。

その印象もあるのか、少し楽しい系の、日本のクリスマス系のを探してしまいます。
何冊か見て、おもしろそうだと思ったのは、
『とのさまさんた』
『みなみのしまのサンタクロース』斉藤洋作 高畠純絵 佼成出版社

少人数の会でよさそうかなあと思ったのは、
『クリスマスのふしぎなはこ』長谷川摂子文 斉藤俊行絵 福音館書店
『ねずみくんのクリスマス』なかえよしお作 上野紀子絵 ポプラ社
『ハモのクリスマス』たかおゆうこ作 福音館書店

『ねんにいちどのおきゃくさま』亀岡亜希子作 文溪堂
も、絵が素敵でした。

>あと、
>「クリスマス・クリスマス」角野栄子作 福音館
>を、中の写真を所々見せながら、紹介したことがあります。いろいろな国のクリスマスや、サンタのルーツ、ツリーの意味などが紹介されていて、どの子も興味しんしんでした。

これも、よさそうですね。探してみます。

ワラビ(wyn-1001)

>カコ(WYN-2171)
・ツリー全体表示
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET C...@210-248-131-015.jp.fiberbit.net>

【267】Re:第18回紙芝居講座のお知らせ
 くらら(WYN-1046)  - 10/11/12(金) 21:50 -

引用なし
パスワード
   あぴるさん

いろいろありがとうございます。
当日よろしくお願いします!

>今年は、紙芝居文化の会が9年間培ってきた理論研究の集大成が学べます。

これは紙芝居初心者にとってもありがたいことですね。

今日の打ち合わせで、ぐっと紙芝居の世界に引きこまれました。
直前ですが、お時間と興味のある方は参加されると
いいと思います。おすすめです!

くらら
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.12) Gecko/20101026 Firef...@KD121108030043.ppp-bb.dion.ne.jp>

【266】Re:第18回紙芝居講座のお知らせ
 あぴる(WYN−2034)  - 10/11/10(水) 11:12 -

引用なし
パスワード
   海外からもお客様がいらっしゃることになり、
急きょBUNさんとくららさんに
通訳をお願いすることになりました。

BUNさん、くららさん、よろしくお願いいたします。

また、ご連絡してくださったえみりいさん、
ありがとうございました。

当日参加も受け付けていますので、
ご都合のつく方はぜひいらしてください。


あぴる
・ツリー全体表示
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6.5; SLCC1;...@125x100x103x211.ap125.ftth.ucom.ne.jp>

【265】【新刊絵本】まほうつかいのトビィ
 ちゃぴ(WYN-1026)  - 10/11/3(水) 17:51 -

引用なし
パスワード
   みなさま

イギリス在住の若手の日本作家カズノ・コハラさんの3作目です。
遠目が聞くので、図書館や教室での読み聞かせにいかがでしょう。

(同じ発言を読書室にも出しています)

『まほうつかいのトビィ』
"LITTLE WIZARD"
 カズノ・コハラ作
 石津ちひろ訳

 ISBN 978-4-89572-817-1
 本体価格 1400円+税

 トビィは魔法使いなのに、空がうまく飛べなくて友達ができません。さびしく思っているときドラゴンに出会って飛び方を教えてもらうことになりました。ところが、トビィは森で、ドラゴン退治にいくナイトに出会います。さあ、トビィはドラゴンを救うことができるでしょうか。

 今回の作品は、版画でなく切り絵かな? そのあたりは、はっきりわからないのですが、あの美しくてすっきりしたラインと、効果的な構図は変わりません。今作では、紫の背景に黒で描き、ドラゴンだけ草色(和紙を使っているように見えます)です。トビィもドラゴンも、それからあちこちに現れる動物たちもかわいらしいです。
 文章は簡潔で、絵が十分に物語を語ります。とくに、見返し・中表紙・本文の1ページ目の流れが私は好き。
 ストーリーはややありがちですが安心でき、逆に、それが魅力ともなっています。子どもの心をつかむこと、間違いなしだと思いますよ。

☆メープルストリート紹介ページ
ttp://www.litrans.net/maplestreet/p/mitumura/index.htm

☆光村教育図書HP
ttp://www.mitsumura-kyouiku.co.jp/

*上のURLへ飛ぶときは、 コピーして頭に h を加えてください。

ちゃぴ(WYN-1026)


・ツリー全体表示
<ZonchBrowserPro@catv-218-228-85-152.ctk.ne.jp>

【264】Re:Re^3:教室での読み聞かせに向くクリスマ...
 WYN-2171 カコ  - 10/11/1(月) 17:38 -

引用なし
パスワード
   ワラビさん、みなさん

ご無沙汰してます。(^^ゞ

この時期、高学年には「十二のつきのおくりもの」を朗読したりで、あまりクリスマスを意識したものをやっていませんでしたので、低学年までの子達に、実際に読んだものを書きますね。

「ちいさなろば」ルース・エインズワース作 福音館
「まりーちゃんのくりすます」フランソワーズ作 岩波書店
「ぐりとぐらのおきゃくさま」福音館
「子うさぎましろのお話」佐々木たづ文 ポプラ社

どれも、うまく行かなかった記憶はないので、まあ大丈夫だったのではないかと。

あと、
「クリスマス・クリスマス」角野栄子作 福音館
を、中の写真を所々見せながら、紹介したことがあります。いろいろな国のクリスマスや、サンタのルーツ、ツリーの意味などが紹介されていて、どの子も興味しんしんでした。

カコ(WYN-2171)
・ツリー全体表示
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR...@KD125055009092.ppp-bb.dion.ne.jp>

【263】Re:Re^3:教室での読み聞かせに向くクリスマ...
 ワラビ  - 10/10/31(日) 15:27 -

引用なし
パスワード
   ▼えみりい(WYN-1041)さん

 前回は図書館で見ただけで、むずかしそう!と思ったのですが、今回は借りてきました。CDも聞いてみました。(えみりいさん、歌うの?)

>『クリスマスの12にち』(エミリー・ボーラム絵/わしづなつえ訳/福音館書店)

 なるほど、1つずつ増えていくけれど、最後はいつも「1わのヤマウズラ」なので、ここの部分だけは、1・2年生でも一緒に言えそうですね。
 みんなで盛り上がるのはもっていき方がむずかしそう。一度、えみりいさんがやられるところを拝見したいです〜。

> あと、日本の絵本ですが、『とのさまサンタ』(本田カヨ子文/長野ヒデ子絵/リブリオ出版)も、目先が変わって楽しい絵本です。

 こっちも、丁度借りてました。
 正統派のクリスマス絵本でいくか、日本風にアレンジされたクリスマス絵本でいくか、という選択になると、自分自身が日本風のクリスマスしか体験していないので、日本のクリスマスのほうがやりやすいかなあ。その点、『とのさまサンタ』は、いいなと思いました。楽しい絵本ですね。最後のお城の上にひっかかってる殿様が小さいので、教室だと念押しが必要でしょうか。

他には、
『となかいはなぜサンタのそりをひく?』(モー・プライス/文 アツコ・モロズミ/絵 松野正子/訳 岩波書店)が、内容的にがおもしろかったです。
 サンタのそりひきを募集すると、ゾウやワニやハスキー犬が応募してきて失敗するところがこまわりなのですが、大型本なので、そんなにわかりにくくはないかな。 

 もう少し探して、早めに団体予約しようと思います。

ワラビ(wyn-1001)
・ツリー全体表示
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET C...@210-248-131-016.jp.fiberbit.net>

【262】Re^3:教室での読み聞かせに向くクリスマス...
 えみりい(WYN-1041)  - 10/10/24(日) 12:46 -

引用なし
パスワード
   ワラビさん、みなさま

 わたしがいつも読むのは、『クリスマスの12にち』(エミリー・ボーラム絵/わしづなつえ訳/福音館書店)です。絵は小さめかもしれませんが、遊びが入っているので、盛り上がります。積み重ね式にことばが増えていくので、3日めのあたりから子どもたちにもいっしょに言ってもらうようにしています。毎ページ最後は「1わのヤマウズラ」なので、そこにくるとみんながぜんはりきって「ヤマウズラ!」と大合唱。1年生から6年生まで、どの学年でも楽しめました。歌のCDがついているので、それを流してもクリスマス気分が高まります。歌はわしづなつえさんご本人ですが、わしづさん=小鳩くるみさんと言えば、「懐かしい〜」と思われる方も多いのでは?

 あと、日本の絵本ですが、『とのさまサンタ』(本田カヨ子文/長野ヒデ子絵/リブリオ出版)も、目先が変わって楽しい絵本です。
・ツリー全体表示
<ZonchBrowserPro@nttkyo322211.tkyo.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp>

【261】Re^2:教室での読み聞かせに向くクリスマス...
 SUGO  - 10/10/23(土) 17:53 -

引用なし
パスワード
   ワラビさん、ちゃぴさん、こんにちは〜

 去年のクリスマスシーズンは、『オリビア クリスマスのおてつだい』(イアン・ファルコナー作/谷川俊太郎訳/あすなろ書房)と、『いじわるシャルル』(ステファニー・ブレイク作/ふしみみさを訳/PHP研究所 )を4年生に読みました。
 遠目がきいてみんなで楽しめるものって、なかなか難しいですよね。

SUGO

・ツリー全体表示
<ZonchBrowserPro@ntymgt025095.ymgt.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp>

【260】Re:教室での読み聞かせに向くクリスマス絵本
 ちゃぴ(WYN-1026)  - 10/10/23(土) 16:47 -

引用なし
パスワード
   ワラビさん

クリスマス絵本は素敵なのがたくさんあるけれど、いざ読み聞かせにと思うと、なかなか選べなくて、私も毎年苦労します。それに、その時期になると、図書館では一気に借りられて、あまり残ってないなんてこともありますよね。

クリスマスの絵本は 『ちびうさクリスマス!』のように、絵が細かいものが多いのかもしれません。

その点『ポインセチアはまほうの花 メキシコのクリスマスのおはなし』は、絵柄が大きいので読み聞かせに向くと思います。文章も簡潔で、声に出して読んでみたら8分ぐらいでした。日本のクリスマスと全くちがうメキシコのクリスマスの様子が描かれているので、読む前に少し説明がいるかもしれません。また花といっても本当は葉の変形なので、ちょっと言ってあげるといいかなあと思ったりします。(絵本にもおしまいに書いてあります)
2年生に読むのもいいと思いますが、4年生で、世界のクリスマスを題材にしてブックトークをし、この絵本を読むのもいいかな? なんて思います。

また、この絵本の前に『しりとりあそび あか・みどり・き』(小学館)でしりとり遊びをしてポインセチアにつなげるといいかもしれません(最後がポインセチアなので)。

他に定番では、クレメント・C・ムーアの「クリスマスのまえのばん」ですよね。いろいろな人が絵をつけているけれど、読み聞かせにはウィリアム・W・デンスロウのがいいような気がします。
わたしはターシャ・テューダーのが好きなのですが、一度読んだとき、絵がよく見えなかったと言われたことがあります。

楽しいものでは、『おおきいツリー ちいさいツリー』は、子どもたちが楽しんで聞いてくれました。
わたしが好きなのは『ロビンの赤いベスト』(評論社)なのですが、これも絵が教室だとちっちゃいかなあ。

高学年では『急行「北極号」 』(クリス・ヴァン・オールズバーグ あすなろ書房)を、映画が公開された年に読んだことがあります。子どもたちはよく聞いてくれました。でもあれは、手がつかれた〜。

そんなわけで、わたしも、いいクリスマス絵本をさがしています。
よい絵本をお知りの方、ぜひ紹介してください。

ちゃぴ(WYN-1026)


・ツリー全体表示
<ZonchBrowserPro@catv-218-228-85-152.ctk.ne.jp>

【259】教室での読み聞かせに向くクリスマス絵本
 ワラビ  - 10/10/22(金) 9:33 -

引用なし
パスワード
   みなさん、こんにちは。

 教室での読み聞かせ、続いています。その話は、またおいおい〜なんですが、今回は、クリスマス絵本で、教室向けのものを教えてください、というお願いです。

 この掲示板で検索したら、えみりいさんが、『クリスマスの12にち』(エミリー・ボーラム文/わしづ なつえ訳/福音館書店)をあげておられました。大きい6年生だったようですね。次は12月に2年生の教室なので、なじみのない動物たちの名前を2年生に12個言ってもらうのは、ちょっと難しいかなあ、どうかなあ。
 『ちびうさクリスマス』も、とても好きな作品ですが、教室だとどうかな。絵が小さい? 読まれた方、いらっしゃいますか?
 『ポインセチアはまほうの花 メキシコのクリスマスのおはなし』は、まだこちらの図書館には入っていなくて、気になっています。

 11月の4年生は、普通の本を1冊読んだあと、クリスマス絵本のブックトークを〜という話も出ていて、こちらで紹介できる本もどれがいいかなあと思っています。
 経験談など、教えてください!

ワラビ
・ツリー全体表示
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB0.0; .NET C...@210-248-131-016.jp.fiberbit.net>

1 / 14 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
33797
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.