読書室掲示板

【お願い】みなさんの読書の楽しみをまもるために本の内容の重要な部分に触れること(いわゆる「ネタバレ」)はご遠慮ください。詳しくはこちらをご覧ください。
※投稿の際、メールアドレスは記載されないことをお薦めします(不愉快な宣伝メールなどの受信を防ぐため)。また、アドレスを非公開にされても、掲示板の巡回ソフトによっては表示されてしまうことがあります。投稿画面のEメールの欄はブランクにしておかれることをお勧めします。

★現在スパム対策のため、一部ホストからの書き込みを制限させていただいております。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

★掲示板管理の都合上、一時的にプロキシ経由の書きこみを制限しております。
また、宣伝等、無関係の書き込みを避けるため、リンクタグ が含まれる投稿を制限しております。 http:// が書かれた投稿はできません。
サイトのご紹介のおりには、頭のhを抜いてご記入ください。

1 / 75 ページ 前へ→

【4881】2017年ドイツ児童文学賞発表
[NEW]  ラッテ(WYN-1043)  - 17/10/22(日) 21:05 -

引用なし
パスワード
   みなさま

 同じお知らせを賞速報掲示板にも流しています。
 本読書室掲示板では、urlの頭にhをつけてご利用ください。
----------------
 2017年10月13日、ドイツ児童文学賞がフランクフルト・ブックフェアで発表されました。

Deutscher Jugendliteraturpreis 2017

Preistraeger

●絵本部門
Bilderbuch

Isabel Minhos Martins (文)
(oにアクセント)
Bernardo P. Carvalho (絵)
"Hier kommt keiner durch!"
ポルトガル語からの翻訳 by Franziska Hauffe
Klett Kinderbuch Verlag

●児童書部門
Kinderbuch

Jakob Wegelius (作)ヤコブ ヴェゲリウス
"Sally Jones. Mord ohne Leiche"
スウェーデン語"Mordarens Apa"(oにウムラウト)からの翻訳 by Gabriele Haefs
Gerstenberg Verlag
・邦訳『サリー・ジョーンズの伝説 あるゴリラの数奇な運命』(世界傑作童話シリーズ)(オスターグレン晴子訳/福音館書店)

●ヤングアダルト部門
Jugendbuch

Bonnie-Sue Hitchcock (作)
"Der Geruch von Hausern anderer Leute"
(Hausernのaにウムラウト)
英語"The Smell of Other People's Houses"からの翻訳 by Sonja Finck
Konigskinder Verlag
(oにウムラウト)
・2016年ガーディアン賞ロングリスト作品
・2017年カーネギー賞ショートリスト作品

●ノンフィクション部門
Sachbuch

Piotr Socha (絵と文)
"Bienen"
ポーランド語"Pszczoly"からの翻訳 by Thomas Weiler
(Pszczolyのlにストローク)
Gerstenberg Verlag

●青少年審査員賞(青少年で構成される青少年審査委員会が選定)
Preis der Jugendjury

Becky Albertalli (作)
"Nur drei Worte"
英語"Simon vs. Homo Sapiens Agenda"からの翻訳 by Ingo Herzke
Carlsen Verlag
・2015年全米図書賞児童書部門ロングリスト

●特別賞
Sonderpreis
これまでの作品と功績に対しておくられる

(作家)
Gudrun Pausewang グードルン・パウゼヴァング

※1928年、ボヘミアの東部で生まれる。旧西ドイツに逃亡後、ヴァイブルクの教育機関で学ぶ。ドイツ、チリ、ベネズエラ、コロンビアで、1989年に退職するまで教職に従事する。1958年から執筆活動を開始し、平和や環境保護、社会主義に関する100冊以上の本を出版している。1988年には、"Die Wolke"『みえない雲』(高田ゆみ子訳/小学館)でドイツ児童文学賞を受賞。

●特別賞新人部門
Sonderpreis Neue Talente 2017

Mario Fesler (作)
"Lizzy Carbon und der Klub der Verlierer"
Magellan Verlag

▼ドイツ児童文学賞公式サイト
ttp://www.jugendliteratur.org/

▽ドイツ児童文学賞受賞作品リスト(やまねこ資料室)
ttp://www.yamaneko.org/bookdb/award/de/dj/index.htm
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@KD106181106131.au-net.ne.jp>

【4880】Re:【新刊絵本】『サイモンは、ねこである...
[NEW]  キジトラ(WYN-1060)  - 17/10/22(日) 10:45 -

引用なし
パスワード
   みちこさん、こんにちは。

みちこさんも読まれたのですね!
楽しんでいただけてよかったです〜

>猛獣たちの目がテンになっている絵に心をつかまれました!

ふふふ。ネコと似ているといわれてびっくりしちゃったのでしょうね。
ネコ科動物のファンとしては、それぞれの体格がきちんと描き分けられているところにも感心しました。^^

キジトラ(WYN-1060)
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; Touch; rv:11.0) like Gecko@fch176055.fch.ne.jp>

【4879】『船を見にいく』(絵本部門5位)
[NEW]  モリー(WYN-1059)  - 17/10/21(土) 23:28 -

引用なし
パスワード
   mapleleafさん、こんにちは。

hanemiさんは絵本部門制覇マラソン(すごい!)をやっていらっしゃいましたが、わたしは「各年の未読作品を1冊は読もう会」をひとり勝手に行っておりました。(なんとか達成できたので、カミングアウトです〜^^)
「やまねこ賞を振り返ろう会」を企画してくださって、ありがとうございました! おかげで、すてきな作品とたくさん出合えました。

最後に読んだのは、こちらの作品です。

>●絵本部門
>5位『船を見にいく』
> アントニオ・コック作/ルーカ・カインミ絵/なかのじゅんこ訳/きじとら出版

真正面から見た船というかっこいい表紙、前々から気になっていたのですが、手に取るタイミングを逃してしまっていた絵本です。
船についていろいろ描かれている乗り物絵本かなー?なんて想像していたのですが、全然違ってびっくり!
「船を見にいく」男の子の話なのですが、船という存在を介して「生きる」とか「人生」とか、うまくまとめられないのですが、物質的な事柄を超えたあれこれに思いを馳せる――そんな感じの作品でした。深いです。でも語り手が男の子なので、言葉自体が難しいわけではない。絵本の持つ「深さ」を実感させられる一冊です。

モリー(WYN-1059)
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@p1025108-ipngn10301hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp>

【4878】Re:【新刊読み物】『3つ数えて走りだせ』
 コアラン(WYN-1053)  - 17/10/21(土) 10:30 -

引用なし
パスワード
   BUNさん、みなさん

読みました!
本当に、身体派YAという感じですね。
いきなり走り出して、ひたすら走りつづけてしまうって、なぜそんなことを?と思いつつ、いかにも13歳男子のやりそうなことだという気もして、こういう話を思いついた作者に感心しました。

ト二ーもアントワーヌもそれぞれ逃げ出したくなる理由を抱えていますが、
ふたりのように、ふとした拍子に走り出したくなるような状況にある子どもって、けっこう多いのではないかと思います。

コアラン
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@124-140-216-195.rev.home.ne.jp>

【4877】Re:【新刊読み物】『わたしがいどんだ戦い...
 BUN  - 17/10/21(土) 10:15 -

引用なし
パスワード
   Ohsakuさん

>評論社さんからお話があったとき、『おやすみなさいトムさん』(ミシェル・マゴリアン作/中村妙子訳/評論社)の少女版のような作品だと伺いました。『おやすみなさいトムさん』は、やはり疎開先でよい里親に出会った男の子の物語です。こちらも、よろしかったら、ぜひ!

おお〜。「本が好き!」のぱせりさんも、『おやすみなさい、トムさん』にちょっと似ていると書いていらっしゃいました。まさに慧眼。(読んでない(-_-;;>わたし)

 ☆BUN(WYN-0003)☆
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@KD124212019239.ppp-bb.dion.ne.jp>

【4876】Re:【新刊絵本】『サイモンは、ねこである...
 みちこ(WYN-1057)  - 17/10/20(金) 23:01 -

引用なし
パスワード
   キジトラさん、BUNさん、みなさん、こんにちは。

>『サイモンは、ねこである。』
> ガリア・バーンスタイン作、なかがわちひろ訳、あすなろ書房、2017.8

ご紹介ありがとうございます。さっそく読んでみました。
絵も文もシンプルで、すっごく楽しいです。おみごと!という感じですね。
猛獣たちの目がテンになっている絵に心をつかまれました!

みちこ(WYN-1057)
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.12; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/...@FL1-118-109-77-243.tky.mesh.ad.jp>

【4875】Re:【新刊読み物】『わたしがいどんだ戦い...
 Ohsaku  - 17/10/20(金) 17:53 -

引用なし
パスワード
   BUNさん、まなみさん、みなさん、こんにちは。
『わたしがいどんだ戦い 1939年』を読んでくださり、この読書室で紹介してくださって、ありがとうございます。ものすごくうれしいです。
BUNさんのまとめ、私もすごく勉強になりました。

おふたりも書いてくださったように、読んでいてつらい部分もあるのですが、ユーモアやほのぼのした場面もあって、愛がたっぷりの作品ですよね。この本を訳すことができてほんとうに幸せです。

評論社さんからお話があったとき、『おやすみなさいトムさん』(ミシェル・マゴリアン作/中村妙子訳/評論社)の少女版のような作品だと伺いました。『おやすみなさいトムさん』は、やはり疎開先でよい里親に出会った男の子の物語です。こちらも、よろしかったら、ぜひ!

読書月間、私もがんばって読まなければ!

大作道子
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.12; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/...@FL1-118-109-77-243.tky.mesh.ad.jp>

【4874】Re:書評 『砂糖の歴史』
 みちこ(WYN-1057)  - 17/10/20(金) 17:50 -

引用なし
パスワード
   本好き羊さん、手嶋さん、みなさん、こんにちは。
こちらでのご紹介ありがとうございます。
『砂糖の歴史』、私も読んでみました。

砂糖の歴史をふりかえると、こんなにたくさんのことが見えてくるのかと、びっくりしました。甘い甘い砂糖の魅力や世界各国のお菓子にうっとりし、砂糖産業の黒い歴史や健康への影響の部分では恐ろしくなり……。とても興味深い本でした。

第5章でふれられていた「リコリス」の説明も、参考になりました。英語圏の児童文学にもよく出てきますが、この本を読んで、リコリスキャンディにもいろいろあるのだということがよくわかりました。貴重な資料です!

みちこ(WYN-1057)
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.12; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/...@FL1-118-109-77-243.tky.mesh.ad.jp>

【4873】【新刊読み物】『3つ数えて走りだせ』
 BUN  - 17/10/19(木) 22:52 -

引用なし
パスワード
   どんどんいきましょー。

『3つ数えて走りだせ』エリック・ペッサン作  平岡 敦訳 あすなろ書房 2017.3

ある朝、学校へ行くとちゅうにいきなり走り出した13歳のトニーとアントワーヌ。
遅刻がさぼりになり、そのまま家出になり……ただひたすら走る走る。
はじめは「この人たちなんで走ってんの?」と思うけれど、そのうち少しずつ、2人が逃げ出さなくてはいられなかった理由が明らかになってくる。

オフライン読書会の『100時間の夜』のとき、逃げることが風穴をあけることにつながる、という話が出たというか、わたしが出したのですが、そのとき思い浮かべていた作品のひとつがこれ。主人公ふたりは、はじめから意図して家出したのではなく、とっさに衝動で走りだしてしまったわけで、いかにも13歳らしいのだけど、最後にはうまい着地点を見つける。

走ることそのものの苦しさと爽快感もていねいに描かれている身体派?YAだけど、考えることも放棄せずにきっちりやっているのだ。

 ☆BUN(WYN-0003)☆
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@KD124212019239.ppp-bb.dion.ne.jp>

【4872】Re:【新刊読み物】『わたしがいどんだ戦い...
 BUN  - 17/10/19(木) 22:41 -

引用なし
パスワード
   まなみさんも読まれたんですね!

ジェイミーとの姉弟愛、ほんとうにいいですよね。
ジェイミーがすごく愛らしくてすなおで、だからときどき母親から吹き込まれたままにぎょっとするようなことを言うのがまたリアル。

エイダが強靱さを持っていることは本の最初からすぐわかるのですが、それが強烈な虐待で押し込められ、ゆがめられて、トラウマと背中合わせになっているところが切なくもあり、そしてこれまたリアルでもありました。

それにしても今年、注目作がたくさんあってたいへん悩ましいです。(うれしいっていう意味ね。)

 ☆BUN(WYN-0003)☆
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@KD124212019239.ppp-bb.dion.ne.jp>

【4871】Re:【新刊読み物】『わたしがいどんだ戦い...
 まなみ(WYN−1063)  - 17/10/19(木) 13:55 -

引用なし
パスワード
   BUNさん、こんにちは。

私も先日読み終えたばかりです!
エイダがトラウマに苦しむ描写は、どうしてそこまで……と、読んでいて辛かったのですが、思わぬ展開に涙でした。
私も大好きな作品です。
エイダとジェイミーの兄弟愛には、辛い状況を全て吹き飛ばしてしまうような力がありました。

BUNさんの内容紹介も本当に素晴らしくて、まとめ方の勉強になりました!

まなみ(WYN−1063)
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_6) AppleWebKit/604.1.38 (KHTML, l...@zz20164189356F66B081.userreverse.dion.ne.jp>

【4870】【新刊読み物】『わたしがいどんだ戦い 1...
 BUN  - 17/10/19(木) 10:12 -

引用なし
パスワード
   きのう読みました。

『わたしがいどんだ戦い 1939年』キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー作 大作道子訳 評論社 2017.8

内反足をもって生まれた11歳(というのもあとから判明するのだけど)の女の子エイダが主人公。足が悪いために母親にうとまれ、憎まれ、「見苦しい足の怪物め!」とひどいことばを毎日浴びせられながら、狭い自宅の一室におしこめられて暮らしてきた。外へ出してもらったことはなく、当然学校にも行っていない。

そんなエイダに転機がおとずれるのは、イギリスとドイツが戦争状態に入った1939年。ロンドンの子どもたちが疎開することになり、鬼母はエイダを人目にさらしたくないからと、小学校にあがったばかりの弟ジェイミーだけを行かせるつもりだったが、エイダは母親が寝ている早朝にジェイミーに助けてもらいながらアパートを脱出。疎開児童の群れにまぎれこむ……。

原題は The War That Saved My Life
もちろん、アパートを飛び出したきっかけは実際に国家間で戦われている戦争だけど、エイダの戦いはそれだけじゃない。ずっと母親に虐待されてきたトラウマとの戦いのほうがはるかに骨がおれるのです。このあたりの描写がほんとうにリアルでつらいんだけど、ではつらいだけの本かというとそんなことはぜんぜんなくて、姉弟をひきとってくれたスーザンが、人との接し方が不器用だけどほんとうにいい人だったり、弟のジェイミーが愛らしかったりして、すごくほっとする。このふたりとのやりとりを中心に、あちらこちらにユーモアがひそんでいて、ときどきくすりと笑ってしまいます。

あと、スーザンの家で出会ったポニーの「バター」との交流もいいのよ。エイダは生来の強靱さと聡明さを発揮して、自己流で乗馬を学ぶのだけど、それだけでは馬の世話はできないから、バターを通じてまた人の輪が広がっていく。

後半、大きなドラマもあります。
母親があまりにもモンスターなので、もしかしたら好き嫌いがわかれるかもしれないけど、わたしはハート直撃でした。

 ☆BUN(WYN-0003)☆
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@KD124212019239.ppp-bb.dion.ne.jp>

【4869】Re:【新刊絵本】『サイモンは、ねこである...
 キジトラ  - 17/10/18(水) 23:40 -

引用なし
パスワード
   BUNさん、こんにちは。

ネコ科動物に反応してくださって、ありがとうございます!
きっと、気にいっていただけると思います。(^^)

なかがわちひろさんの訳は、品のいいユーモアが素敵でした〜

>うれしいな。どんどん盛り上げていきましょう!

はい! やまねこ賞が楽しみです!!

キジトラ
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 10_3_3 like Mac OS X) AppleWebKit/603.3.8 (KHTML, li...@fch176056.fch.ne.jp>

【4868】Re:【新刊絵本】『サイモンは、ねこである...
 BUN  - 17/10/17(火) 21:45 -

引用なし
パスワード
   キジトラさん

>ネコ科動物を愛する方々におススメの絵本です!

はーい(^o^)/ 
>
>『サイモンは、ねこである。』
> ガリア・バーンスタイン作、なかがわちひろ訳、あすなろ書房、2017.8

なかがわちひろさんだ〜! それだけでもそそられます。(なんて言われるような訳者になりたいw)

もうひとつの絵本も、すごく興味深いです。

うれしいな。どんどん盛り上げていきましょう!

 ☆BUN(WYN-0003)☆
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@KD124212019239.ppp-bb.dion.ne.jp>

【4867】【絵本】『ガルマンの夏』
 キジトラ(WYN-1060)  - 17/10/17(火) 16:03 -

引用なし
パスワード
   みなさま、こんにちは。

やまねこ賞を前に、せっせと本を読んでいます。
ノルウェーの絵本に、むむ、これは……!と、うなりました。

『ガルマンの夏』
 スティアン・ホーレ絵・文、小柳隆之訳、三元社、2017.5
 ISBN:9784883034215
 "Garmanns sommer" by Stian Hole, 2006

夏の終わり、年老いた3人のおばさんたちが訪ねてきます。
年々、背が縮んでいくおばさんたち。
もうすぐ、ガルマンは小学校に上がります。――「ぼくは不安なんだ」

古めかしい雑誌から切り抜いたようなコラージュ画は奇妙な印象。
それでいて、つづられるのはデリケートな少年の心情です。
不安をテーマとしつつ、人生の奥行を感じさせる世界観に引き付けられました。

キジトラ(WYN-1060)
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; Touch; rv:11.0) like Gecko@fch176059.fch.ne.jp>

【4866】【新刊絵本】『サイモンは、ねこである。』
 キジトラ(WYN-1060)  - 17/10/17(火) 15:25 -

引用なし
パスワード
   みなさま、こんにちは。

ネコ科動物を愛する方々におススメの絵本です!

『サイモンは、ねこである。』
 ガリア・バーンスタイン作、なかがわちひろ訳、あすなろ書房、2017.8
 ISBN:9784751528341
 "I AM A CAT" by Galia Bernstein, 2017, NY

ライオン、チーター、ピューマ、クロヒョウ、トラ。
みんな、かっこよくて素敵ですよね〜
大きくて強い猛獣たちも、実はネコの仲間だよ、というそれだけのストーリーなのですが、
まるまるとしたネコのサイモン君がとてもかわいいです。

キジトラ(WYN-1060)
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; Touch; rv:11.0) like Gecko@fch176059.fch.ne.jp>

【4865】Re:『クリスティーナとおおきなはこ』(絵...
 まなみ(WYN−1063)  - 17/10/15(日) 23:19 -

引用なし
パスワード
   モリーさん、みなさん、こんにちは。

モリーさん、感想をお寄せくださり、ありがとうございます!
この絵本、いいですね^^
ダンボールと子供という組み合わせ、絶対に面白い予感がします。

大きなダンボールで自由に何かを作るのはすごく楽しいだろうとわかっていても、大人になった今、ついそれらの置き場所や散らかった道具、散乱したゴミを考え、躊躇してしまいます。
でもこの絵本を親子で読んで、休みの日に思いっきりダンボールハウスなど作って遊ぶのもいいなあと思いました。

今はダンボール家具もあり、ダンボールの可能性は無限ですよね。
自分がこの絵本を読んだ時、ママの視点に立っているか、はたまた子供の立場でワクワクしているか、楽しみです。
読んだ後、即ダンボールを集め出す気がします。
ご紹介ありがとうございました♪

まなみ(WYN−1063)
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_6) AppleWebKit/604.1.38 (KHTML, l...@zz20164189356F66B081.userreverse.dion.ne.jp>

【4864】【賞速報】2018年度アストリッド・リンド...
 みちこ(WYN-1057)  - 17/10/14(土) 17:39 -

引用なし
パスワード
   みなさま

10月12日、2018年度アストリッド・リンドグレーン記念文学賞の候補が発表されました。世界60か国から、合計235の人と団体が並んでいます。

日本からは、造形作家・デザイナーの駒形克己(こまがたかつみ)さん、東京子ども図書館名誉理事長の松岡享子(まつおかきょうこ)さんのおふたりが、6年連続で選ばれました。

その他の国の候補は、下の発表ページをご参照ください。
受賞者の発表は、2018年3月27日の予定です。

【参考】
▼アストリッド・リンドグレーン記念文学賞(ALMA)公式ウェブサイト
ttp://www.alma.se/en/

▼同ウェブサイト内候補者発表のページ
ttp://www.alma.se/en/Nominations/Candidates/2018/

▼同ウェブサイト内候補者一覧のページ(PDF)
ttp://www.alma.se/Documents/2017/Nominerade%20kandidater%202018/nomi_2018_web.pdf

*urlの頭にhをつけてご利用ください。
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.12; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/...@FL1-203-136-122-20.tky.mesh.ad.jp>

【4863】『ジョージと秘密のメリッサ』
 BUN  - 17/10/12(木) 11:25 -

引用なし
パスワード
   やまねこ賞読書月間ということで、今年これまでに読んだ対象作品のごくごくかんたんな感想をいくつかアップしておこうと思います。これから読む予定の本も山積みでして、いざ投票となったらすごく悩みそう。今日はこれ。

『ジョージと秘密のメリッサ』
 アレックス・ジーノ作 島村浩子訳 偕成社 / 2016年12月13

自分は女の子だ、と自覚している小学5年生のジョージが主人公。誰にもうちあけられないその自覚と、大好きなのに自分のことをわかってくれない家族や友人たちへのじれったさとで、毎日もんもんとしている。

その殻を打ち破るきっかけが、学校でおこなわれる『シャーロットのおくりもの』の劇だった。

おしゃべりではっちゃけてるけどすごく洞察力のある親友の女の子とか、一見がさつだけど、理解してくれるお兄ちゃんとか、まわりの人たちがすごくいい。わたし自身まだまだ知らないことのたくさんある分野なんだけど、テーマ先行じゃなく、共感できるところのたくさんある物語でした。

 ☆BUN(WYN-0003)☆
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@KD124212019239.ppp-bb.dion.ne.jp>

【4862】Re:【新刊読み物】『太陽と月の大地』
 BUN  - 17/10/12(木) 11:06 -

引用なし
パスワード
   ワラビさん、hanemiさん

わたしも、何か月か前ですが、ブックハウスカフェでジャケ買いして読みました。

おふたりがおっしゃっているように、今とまったく状況が変わりませんよね。
なので、心が痛かったです。

同時に、短い中でその複雑な関係を描き、登場人物たちのドラマも描いたすごい作品だなと思いました。本の冒頭にわかりやすい地図や家系図が載っていたので、それもだいぶ助けになったかな。

時代がきな臭い方へ進んでいる今、多くの若者たちに読まれてほしい本です。


 ☆BUN(WYN-0003)☆
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@KD124212019239.ppp-bb.dion.ne.jp>

1 / 75 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
162768
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.
ぞんち用設定
サーバ www.yamaneko.or.tv
CGIディレクトリ /open/c-board/
ZS ID  dokusho